仕事を効率化するちょっとしたテクニックをご紹介!

仕事の効率化を考える人のための情報サイト

今日から使える!ライフハックをご紹介

やることを細分化してリストにする

TODOリスト作成時に大切なことは、作業を細かく分けて書き出すということです。
例えば「A」という仕事があった時に、その仕事を完成させるために1~3の課程があるとすると、リストには「A」という項目のみ記入するのではなく「A1」、「A2」、「A3」と細分化して記入しておくのです。
そうすることで、全体のリストの中でどの作業から優先的に手を付けていくのかということや、まとめて作業をこなした方が時間が短縮できるということが見えてくるのです。

また、机の上の整理整頓や書類の整理、備品の在庫チェックなど、一見何でもないような内容でもリストに加えておくことも大切なポイントで、こうすることで空き時間を有効活用することができます。
少し時間ができた時に簡単なこの作業を終わらしておこう、などと常に時間配分を考えられるようになります。

チェックを入れて達成感を得よう

細分化してリストを作成しているので、やるべきことはかなりの量になっているはずです。
その作業をひとつ終わらせるごとにチェックを入れていくことで進捗具合を常に意識し、確認しながら進めていきます。
作業を進めていくなかで不要だと感じたことがあれば思い切ってリストから削除してしまいましょう。
必要に応じて他の人へ仕事を振るのも良いかもしれません。

次々とチェックを入れていくことで、完了済みの仕事の量が目に見えて実感でき、どんどん仕事を進めていこうという気持ちになってきます。
小さな成功体験を積み重ねることで自分に自信を持つことができ、モチベーションアップにもつながります。
そうしてすべての作業が完了した時には大きな達成感を得られることができるでしょう。


▲先頭へ戻る