仕事を効率化するちょっとしたテクニックをご紹介!

仕事の効率化を考える人のための情報サイト

無駄を感じたらすぐに実践!「面倒」な方法を「楽」な方法に改善

日々の業務を見直す

例えばあなたが行っている仕事のなかでこのようなことはないでしょうか。
・ある特定の作業において時間がかかりすぎている。
・難しい内容でないのにもかかわらず、ミスが多い。
・習慣的に行っている業務があるが、実は何のためのものなのか理解していない。
まずは以上3点のことに着目しながら、日々の業務に改めて目を向けてみましょう。

ポイントはとても単純で、面倒なことをもっと楽にできないかと考え意識することです。
なんだかこの作業面倒くさいな、この手順は必要なのだろうかと感じたら、それは改善の余地があり、効率化すべき作業である可能性が高いです。
すぐに改善方法が見つからなくても構いません。まずは意識的に仕事に取り組み気づくことで、改善点を見出しましょう。

「気づき」に向き合う

改善点は見つかったけれど、それをそのまま放置していては意味がありません。
試行錯誤しながら、いかに「楽に」作業を進めることができるのかを考えていきましょう。
使えそうなツールは積極的に取り入れて、どんどん実践することが大切です。
例えば事務作業においてはExcel関数を活用することで大幅に効率アップできる場合が多々あります。
文房具や雑貨など、まさに「ツール」である「道具」を使用して効率化を図ることも可能でしょう。
最近は100円均一の店でもあらゆる道具が揃っているかと思いますので、手軽に取り入れられますよね。

なかなか良い方法が見つからずに時間を要することもあるかもしれませんが、長い目で見た時には必ず時間の短縮へとつながります。
作業中に限らず、隙間時間を利用して思考をめぐらせましょう。
「とりあえずやってみる」という姿勢もとても重要です。


▲先頭へ戻る